50代にもなると、肌はしぼみ、目も落ちくぼんで見えてしまうようになり、全体的に老けた印象を与えてしまうようになります。

どんなに若い頃に目が大きかった女性でも、まぶたの肉がそげ、まつ毛にもハリがなくなっていくので、どうしても目が小さく見えてしまいます。

しかし、メーク次第では、そういった問題点もうまくカバーできるので、上手に取りいれて、若々しさを取り戻し、かつ、50代の大人の女性が持つ、気品や知性が醸し出せるように仕上げていきましょう。


よく、若いころのメークをずっと変えずに引きずっている方がいますが、これは一番タブーなことで、見た目年齢をぐっと引き上げてしまいます。

時代遅れのメークは、どんなに美しい顔立ちをしていても、どんなにおシャレなファッションを着こなせていても、野暮ったさが抜け切れません。

メークにもその時代ごとの流行がある、ということをしっかりと頭に入れて、若い女性ほどではなくても、積極的に取り入れていくようにしましょう。


50代女性は、どうしても、色々な肌トラブルが現れてしまいがちなので、丁寧なベース作りで、厚塗り感なしに肌悩みをカバーさせましょう。

隠そうと分厚くファンデーションを塗ってしまうのは、余計に老けて見せてしまう上、メイク崩れも引き起こし、醜いです。

肌は潤いが不足しがちになっているので、保湿ケアをしっかりと行い、クリームタイプやリキッドタイプのファンデーションを、薄く叩きこむように伸ばしていきます。

BBクリームなら、洗顔後の肌に一つつけるだけで、日焼け止めやコンシーラー、ファンデーション、美容液などの役割を果たしてくれるので、シミもしっかりとカバーでき、薄付きに仕上げられます。

シミがないならCCクリームを使えば、同じく一つで肌作りが済み、肌のくすみが取れ明るい肌トーンになれます。

そのあと粒子の細かいルースパウダーで仕上げれば、メイク崩れも起こしにくくなります。


50代のポイントメイクは、肌を膨らませるようなカラーを使うことで、落ちくぼんでしまった肌をふっくらと見せてくれます。

アイメイクは必須ですが、決してごてごてと塗り重ねるのではなく、まつ毛を根元からしっかりと立ち上げ、マスカラを塗り、アイラインを引けば、目は大きく際立ちます。

50代には、チークも必需品で、頬の一番高い部分に丸く入れれば、ほうれい線なども目立ちにくくなります。

眉毛も今は太めのナチュラルがブームなので、あまりカーブをつけすぎず、太めに明るめのブランで仕上げるようにすれば、優しい顔立ちに見えます。

50代の化粧品おすすめ@人気ランキング~選びました!

50代のおすすめ化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などのデータで独自に調査した結果を、ランキングでご紹介します。

詳しくは、コチラ↓

50代の化粧品おすすめ@人気ランキング