50代の女性

50代になると急に肌が衰えてくるために、若い頃から気にって使っていた定番の化粧品が何となく合わなくなるのを感じてきます。

乾燥肌の方は特に今使っている商品でツッパリ感や乾燥からひりひりしてしまうという症状も出てきます。


それは、乾燥肌ということに加え、コラーゲン生成の低下、お肌を生成するターンオーバーが不規則になってくる、紫外線などから刺激を受けても今までは、跳ね返せていた活性酸素除去能力の低下によるものと、皮脂分泌の低下の加速が大きく影響しています。


以前の変わらず朝の洗顔をしっかり洗ってしまっては、夜のうちに整えられる皮脂も洗い流されてツッパリ、ぴきぴき乾燥肌に逆戻りしていまいます。

冬季に水が冷たいからといってお湯での洗顔も乾燥をすすめてしまいます。

お水で洗うだけでもお肌のキメが整い、必要な油分の残してくれます。


では、50代からの乾燥肌の方の化粧品選びはどこに焦点をおくかです。

それは、十分な保湿とエイジングケアをうたっている商品がおすすめです。

面倒くさいという方は化粧水、美容液、乳液が一つになったオールインワンタイプのものをあります。


乾燥肌による皮脂不足を補うのは、植物性のホホバオイル、動物性のスクワランや、比較的安価な馬油で乾燥の気になる部分に薄く塗ることで補えます。


また、50代では、化粧品も美容成分を浸透させたいけどお肌に留めておくことが難しくなってきます。

美容成分の維持を高めるんが、リポソーム技術です。

リポソーム技術で開発された化粧品は、もともとお肌に住む善玉菌を整え天然の保湿クリームを作ってお肌を守ってくれます。


以前は、保湿というとヒアルロン酸やコラーゲンが人気でしたが、最近では、セラミドが注目されています。

表皮の一番上の層である表皮の角質層に存在していまるセラミドは、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質のひとつです。

このセラミドの役割が低下ししてくると乾燥肌がすすんでしまいます。


50代では、セラミドがかなり不足してくるので、不足分を補えるセラミド配合の化粧品が良いです。

セラミドは緩んキメが荒くなったお肌の角質層にも長く留まることができ、非常に多くの水分を維持する作用があるので、乾燥肌には嬉しい成分です。


まだ人生半ばの50代乾燥肌には、セラミドか、セラミドと同じ作用を実現するリポソーム化された保湿成分が必須です。

自分の年代にあった化粧品を選び、しっかり保湿して次の世代も女性として輝きましょう。

50代の化粧品おすすめ@人気ランキング~選びました!

50代のおすすめ化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などのデータで独自に調査した結果を、ランキングでご紹介します。

詳しくは、コチラ↓

50代の化粧品おすすめ@人気ランキング